スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『地獄の道化師』江戸川乱歩:読書感想

春陽堂



内容紹介
 :オープンカーが車輪を石畳の外へと踏み外し、乗せられていた石膏像が投げ出された。その像の割れ目から赤い血が染み出て、中に人間が塗りこめられていることがわかった。死体の顔は潰されていたが、ある女性が警察を訪れ、右腕の傷痕から家出した姉のみや子であることを確認する。道化服に身を隠した悪魔の智恵が生み出した意外なカラクリと執念の愛憎とは? 表題作のほか、明智シリーズ長編群の先駆けとなった作品『一寸法師』、計二編を収録。



一寸法師
実業家山野の娘が行方不明になって五日め、請われて明智小五郎が乗り出す。 事件の裏に見え隠れする怪しげな一寸法師の跳梁と、密かに思いを寄せる百合枝夫人の不可解な行動に、山野の後輩小林紋三は翻弄されてしまう。 二転三転の結末に名探偵の粋が冴え渡る。





 ↓ 以下、ネタバレあり。





    ダウンロード (5)images (7)

     天地茂の美女シリーズで、妹役の岡田奈々が中盤位で殺されるのに驚きましたね。きっと後半で実は助かってました! と再登場なると思っていましたから。女が自分の顔を硝酸焼いてまで、次の犯行をやり遂げようとしたところが衝撃的でした。普通なら、明智と警察に包囲されたところで自殺するよね。姉役の片桐夕子の醸し出す陰湿さが怖かった! 

     イヤラシイ感じの美術家役蟹江敬三だったのね、気づかなかった。



    p58
    「オイ、お前には、この世に絶望した人間の気持がわかるかね。ウフフフフフ、それがどんな気持だかわかるかね」




     わ、わかるわぁ~。きっと妹のあい子やお嬢様の麗子は人生に絶望したことがないでしょうね。
     ピエロの顔で、こんなこと言われたら、怖いわ! って、直ぐにあい子殺されるんですけど。

    images (8)images (9)


    p175
    「みや子さんは、それを早くから、察していたのかも知れない。おそらく察していたのでしょう。名も知れぬ両親から伝えられた遺伝と、幼児以来のひがみとが、あの人をあんな容貌に育て上げたのではないかと想像されます。
     そういう素地のある上に、愛情は少しもむくいられなかった。許嫁者にさえきらわれた。そして、その許嫁者は妹と親密にしている。普通の女性にしても、これは可なりの打撃です。まして、そういう過去を持つみや子さんのゆがんだ心には、その苦痛が何倍にも拡大されて写ったということは、容易に想像されるではありませんか。
     失恋の悲しみは、正常な女性をも気違いにすることがあります。まして、みや子さんには、そういう暗い遺伝と環境があった。生まれながらに、異常の素質をそなえていた。普通の女なれば、その悲しみを外に現したのでしょうが、彼女はそれを現さなかった。悲しみのあまり自殺を考えるかわりに、復讐を思い立った。悪魔のささやきに応じたのです。その時からして、野上みや子はこの世から消え失せて、地獄の道化師に生まれ変わったのです」




             失恋の悲しみは、正常な女性をも気違いにすることがあります。




     「鬼」の許嫁者がまさにこれでしたよね。それでも顔を焼く気概まであったかどうか。


     妹のあい子に嫉妬し憎しみを抱いたのは解るんですけど、あい子を殺した後、直ぐに新しい女に憎悪を移したのが素早過ぎ。ま、みや子を振った許嫁者白井、あい子が行方不明なのに、憔悴した感じも無く、麗子への切り替えが早過ぎ。それを素早く察知したのね。



     妹は、実の姉と信じていたようだし、母親も明智に追及されるまでみやこの生い立ち隠していた位だから、それほど過酷な少女時代を送ったようには思えないのに。引き取って育ててくれたこと感謝する気持ちの方が勝ったら、ここまで闇に取り込まれなかっただろうに。みや子が成人した時、お母さん、ちゃんと説明してあげた方が良かったのかも。遺伝で片づけられると、ちょっとなぁ………


     遺体を石膏像にするところが「蜘蛛男」
    土葬された遺体を動かすのが「パノラマ島奇談」




     短編、「踊る一寸法師」とは、まったく違う内容だったのね。
    おとぎ話じゃない方の一寸法師って言うと、子泣きジジイを思い浮かべてしまいます。


     すっごい厚底シークレットブーツを履いていたようなものだよね。その下に普通の靴履いてたってことだよね。そんなので普段ちゃんと歩けるものなの? 階段を上る時、百合枝夫人より先だったのによくばれなかったものだ。ってかよく上がれたね。昔の階段急だったでしょ。百合枝夫人妊娠しないで済んだの? 「孤島の鬼」でせむしの両親の子もせむしだったから、こう言う障がいも遺伝するんだろうか?


     女中のふりをしていたお嬢様、儘母、女の使用人達が気付かないもん? お嬢様なら、じろじろ顔をみれないけど、女中なら遠慮なく見れるし言えるでしょ。お嬢様が行方不明だって言うのに、具合悪いで顔出さずに済むもん? 皆、御主人様の子だと知ってた訳でしょ。知らなくても顔似てるんだから、気づくよねぇ~。


     明智は探偵だから、真相を知れば正義とかはどうでもよくって。
    ふしだら娘の罪を、死ぬ間際の一寸法師に被らせるのも、どうってことない。殺された愛人の子可哀想。これが逆だったら、明智、父親の処置も賛成出来るんだけど。


     同じ種で産まれながら、畑違いで明暗を分けてしまった姉妹。お嬢様と女中。女中なら運転手との結婚も釣り合うが、お嬢様の方では嫁に出す、運転手を婿に迎える訳にはいかない。じゃあさいっそ、お嬢様の方を運転手と一緒にさせる代わりに女中にして、女中の方をお嬢様として家を継がせるってことにしたらど~だったんだろう? お嬢様は愛を得るが金身分を失う。女中は愛を失うが、金と身分だけじゃなく父親の愛情も独り占め出来るかもしれない。地位の高い男性と結婚して楽に暮らしていけるかもしれない。


     グランドピアノの中に、人間隠せるものなの?

     クリームをとった後の指紋って簡単に取れるんだ。足跡石膏で固めてとるようなもん?

    images (4)ダウンロード


    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 江戸川乱歩 地獄の道化師 一寸法師 春陽堂 硫酸

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。