スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『蜘蛛男』江戸川乱歩:読書感想

春陽堂 カバー装画;多賀新  カバーデザイン;後藤勉



     

内容紹介
 :美術商・稲垣平造が女事務員募集の広告を出した。その広告にひかれて稲垣のもとを訪れた里見芳枝は、その日から消息を絶った。稲垣のために殺された芳枝の死体は腕・足とバラバラに石膏細工の中から見つかる。数日後には、芳枝の姉絹枝も死体となって発見される。不敵な挑戦状を受けて颯爽と立ち上がったのは、犯罪学者・畔柳友助博士とその助手・野崎青年であった・・・・・・。 読者の想像を絶する凄惨な連続美女殺人事件をえがく乱歩長編探偵小説の代表作!




 ↓ 以下、ネタバレあり。





    yjimage (5)


     ルパンぽいです、これ。江戸川乱歩が描くとエログロになる。
    これには探偵出ないのかなぁ~と思っていたら、後半からやっと明智登場。してやったとばかりに得意気に扮装を解いてる間に、蜘蛛男に逃げられるなんて、明智間が抜けてて笑えるところです。


     女優を囮にしての逮捕劇、傍に居るのが明智しか居なかったなんて手抜き過ぎ。この時の明智には助手、弟子が居なかったのね。いざ蜘蛛男を捕らえてみれば、近くに蜘蛛男の手下が居るかもしれないから女優一人に警察を呼びに行かせるべきか迷った結果、女優を蜘蛛男と二人きりにして、明智が警察を呼びに行くことになるなんて不手際過ぎ。


     ルパン並みの魅力を持つ蜘蛛男に惹かれて、ついて行っちゃった女優、ルパンのように、妻になるのかと思っちゃったら、あぁ非情、呆気なく殺されちゃった。じゃ、何の為に今までこの女優に執着してたんだよ!
     女優の方も、ここまで自分を追い回した蜘蛛男に、女心を擽られたんでしょ? 可哀想に。


     蜘蛛男の正体がばれて警察に追われるのに、銃弾を受けて寝ている博士をわざわざ連れて逃げる、にわか助手の不良少年の気持ちが解りませんでした。博士の預金通帳と印鑑持って銀行からお金おろせたのなら、そのままそのお金持って逃走すればイイのに。お金だけでなく、蜘蛛男の心意気に惚れたんですね。蜘蛛男も、君は逃げればイイと言ってた位だから、この二人偶然手を組んだにわかな仲なのに、師弟愛さえ感じました。



     蜘蛛男が何で、似た顔の女性に拘ったのか不明。
    亡くなったお母さんに似てるとか?
    女体で神経衰弱したかったわけでもないだろうに。


     蜘蛛男が目指した女体のパノラマ 49体には何の意味があるのか? 仏教の49日? それとも先に殺した数人も数に入れてるの?
     野崎青年が乗った樽に遺体を漬けて居たのは何の為?
    それにしても50人以上も似た顔の女性(多分皆若い)そんなに集めれるもんなの?




     「地獄の道化師」と「パノラマ島奇談」に繋がって行く訳ですね。


    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 蜘蛛男 江戸川乱歩 春陽堂 多賀新 パノラマ 石膏細工 一人二役

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。