スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『孤島の鬼』江戸川乱歩:読書感想』

春陽堂

ダウンロードダウンロード (2)

内容紹介:
 丸の内にオフィスのある貿易会社に勤める25歳の蓑浦は、同僚である木崎初代と恋に落ちた。その初代が密室で刺殺され、箕浦は知人の探偵・深山木耕吉に助力を願う。だが調査を進めるその探偵も……。 蓑浦は年上の知己の青年・諸戸道雄とともに怪奇な殺人の謎に迫る。手掛かりを追って向かったのは南紀の孤島・岩屋島。そこに隠された忌まわしい秘密とは? 謎と恐怖と悲劇に満ちた長編推理小説「孤島の鬼」一編を収録。




images (2)


 ↓ 以下、ネタバレあり。






    images_201512022226145c5.png

     明智探偵登場しません。漫画はBLに描かれたみたい。
    ダウンロード (1)images_2015120222115377a.jpg


     洞窟の迷路に迷い込んで二人して絶体絶命の危機に遭遇して(宝探しより警察に行け!)、箕浦、諸戸の愛に応えるかと思ったけれど、そうもいかなかったのね。初代を亡くしたばかりだと言うのに、似ている妹に一目ぼれするなんて、結局顔か? 顔さえ好みなら、性格は(妹の境遇異常過ぎ)ど~でもイイのか?

    images (1)

    p336
    「秀ちゃん吉ちゃんが、生まれつきの双生児でないことはね、君は医者でないから知らぬけれど、僕等の方では常識なんだよ。癒合双体は必ず同性であるという動かすことの出来ない原則があるんだ。同一受精卵の場合は男と女の双生児なんて生まれっこないのだよ。それにあんな顔も体質も違う双生児なんてあるものかね」




     そ、そうですよね。シャム双生児って一卵性だからなるんですよね。一卵性だから同性ってことで、こんな簡単なこと、外科医諸戸の解説聞くまで気づきませんでした。

    images (3)

     想い人の美しい孫に、粗野な男子をくっ付けたのは、逃げられないようにする為だけでなく、自分を袖に振った秀ちゃんの祖母、母達に対する当てつけ? 目当ての宝を目にして発狂してしまうなんて、それだけで彼の目的は達成出来たってこと? 迷って飢え死にするかもしれない迷路に、手下を使わず自分一人で入ったのは他人を信用出来ないから? かなり危険な行為だと思うけど。帰りを促した箕浦を、船頭ごと殺そうと岩を落とすのも自分一人でやった位だからそうか。あれ位手下にやらせてもイイのにね。


     この作品の恐ろしいとこは、花瓶に忍び込んで初代を、衆人監視の中で深山木を殺めた殺し屋を養成したことだけじゃなく、秀ちゃんのように不自由無く産まれて来たのに、見世物で働かせる為に不自由な体にすることが、昔から外国でも組織だって行われていたらしいということ。
     それでも、母と同じせむしに産まれたから父に棄てられ、想い人には嫌悪された、この犯人の気持ちが解ってしまうところもあります。


    images_20151203195919db3.jpg


     昔の少女漫画『悪魔の花嫁』の一説を思い出しました。
    狼少女の奸計によって婚約披露の場で、婚約者を奪われてしまった女性。発作的に、ピアスの盗難を疑われ当てつけに耳を切った狼少女と、同じ行動をしてしまいます。ヒロイン美奈子が彼女の屋敷に様子を見に行くと、彼女の部屋の箱から色々な形の耳が発見されます。歌うように彼女は言います。「みんな耳が無くなればイイのに~(^^♪」――狂ってる! と後退る美奈子に向かって、彼女はハサミを持って微笑みます。「ねえ~美奈子ちゃん、あなたの耳もちょうだい」


     みんな自分と同じになればイイのに、って気持ち解りました。
    美しいのは正義だ! って言葉もあります。
    人である限り差別って永遠になくならないのでしょうね。





    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 孤島の鬼 江戸川乱歩 春陽堂 洞窟 見世物 癒合双体

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。