スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ『掟上今日子の備忘録』1~6話まで観た感想

原作;西尾維新



     

あらすじ「日テレ」
「置手紙探偵事務所」所長、掟上今日子。
寝るとその日の記憶がリセットされてしまうため゛忘却探偵”と呼ばれている。それゆえ守秘義務は絶対厳守、どんな事件も1日で解決する最速の探偵である。忘れてはいけない大事なことは、自分の体にマジックでメモしている。
「私は掟上今日子。探偵。記憶が一日でリセットされる」
 
 そんな彼女に惚れてしまったのが、毎回何かの犯人に間違われては探偵のお世話になる。「史上最も運が悪い男」隠館厄介。
どんなに今日子と仲良くなっても、次の日には完全に忘れられて「初めまして」と言われてしまう切ない恋模様………



yjimagePNZMYSKF - コピー

 ドラマ観て原作も読んでみたいと思ったのに、図書館では置いて無いのが、残念。他のシリーズなら置いてるのになぁ~ブツブツ……



 ↓ 以下、ネタバレあり。





    yjimage3.jpgyjimageXCCZQOYV - コピー

     これって哲学的なドラマだなぁ~と思いました。

     1日で記憶が消えるってのはどうなんだろう? 
    色々考えさせられる、今日子の記憶障害。
     記憶を失うってことは、今日子曰く、「私は毎日死んでいるようなものですね」ってことになり。ポジティブに言い換えれば、目覚める度に生まれ変わってる、ってことで。


     大学生の時の記憶はあるから、数年前から知り合いの法郎は、保護者みたいな安心な存在? 若い塗とまくるも憶えてないんだよね? ドラマではそこ描かれて無かったようなので。毎回、今日子に初めましてと言われて、傷つくのは、恋する厄介の役目。



     毎日同じ本を読み続けるかもしれないから、自宅に本を置いてないんです。5話での今日子のセリフにグサリときました。


     いやいや、メモしておけば良いんじゃない? 記憶に残らなくても。長編・連載なら、概要書き留めておいたら話繋がんないかな?
     そもそも1日解決の探偵業してたら読書してる時間あるの? 今日子なら速読出来そうだけど。


     と思っていたら次回7話予告では、5話で亡くなった作家の本99冊読み通すのを挑戦するみたい。と言うことは、一日で十冊位読むのは自信あるんだ。それでも一日三十冊位目安にしないと眠気に勝てないよねぇ~


    image_20151117221037901.jpg

    では、恋愛は? その日に出会った胸キュンとした人とお付き合いすれば。厄介の告白に、今日子はそう言うのパスです、ってはっきり断っていたけど。相手が厄介だからって理由じゃないよね? 明日の約束が出来ない私は人付き合い出来ませんから、って事で断ったんだよね? 諦めて自分の人生から切り捨てたと言うか。
     それとも2話でキュンとした水泳選手に素直だったから、やっぱり好みの問題?


     回を重ねるごとに、今日子に好印象与えてる感じの厄介。哀しいことに、ポイントは重ならない。どんなにヘタレでもマイナスにもならないけど、プラスにも絶対! ならない? 体で、感触、気配で憶えることも出来ないのかな。


     次回7話の予告では、同じ部屋で目覚めた今日子が、厄介を見て騒ぎ出すよう。



     以前テレビで事故で記憶障害になった妻に、毎朝目覚める度事情説明してあげる夫がいましたね。まず僕は君の夫だ、と言うところから始めなくてはならない。そうじゃなきゃ、結婚したことを忘れてる彼女からしたら、目覚めるとベッドに見知らぬ男性が居る! ってことで混乱、錯乱しますもんね。まだ新婚だったのに毎日毎日大変だな若いのにエライ男性だなと感心しました。


     想像してみたら、こう言う場合いっちゃん辛いの子供だよなぁ~目覚める度お母さん自分のこと忘れてるんだもん。


     一日で記憶がリセットされてしまうせいか、今日子の元々の性格なのか、考え方がドライ? クール? でも、心は他人の心に通じて無くては謎は解けないのが、探偵の条件。

     6話で、厄介巻き添えにして死のうとした少女に、「死にたいくらい恥ずかしい思いをしても、目覚めると忘れてる私には、彼女にかける言葉が無いです」の今日子のデリカシーある言葉にハッとしました。自意識過剰過ぎる少女に語り掛けるのは、被害者なのに加害者にされそうになった、厄介。

     ここ普通のドラマなら、一度しか面会に来ない少女の親の家に、厄介が通い詰めて説得して親を連れてきて涙の和解となるところ。一日しか時間が無いからか、今日子のシビアな生き方を反映してか、何故少女が一人暮らしさせられているのか、死にそうな目にあっても病室に付き添ってやらないのか、などの少女の事情はお構いなし。当然、何故そんなに少女が自分のことをクラスメートにでさえ知られたくない、と思ってるのかも解明されず。少女はこれからも親を当てに出来ず一人で(精神的な意味で)生きていかなくてはならないんだなぁ~と感じさせる終わり方。

     やっぱりドライな感じのドラマですかね。久しぶりに毛色の変わったドラマを観た気になりました。そういや今日子は何故白髪なのか、そして何故染めないのかも謎。


    掟上今日子の備忘録




    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

    にほんブログ村


    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 感想
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 掟上今日子の備忘録 西尾維新 忘却探偵 新垣結衣 岡田将生

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。