スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『緑の地球』フレドリック・ブラウン:読書感想

yjimage (3)yjimage (6)


収載図書宇宙の孤独
出版社ポプラ社
刊行年月2005.2
シリーズ名SFセレクション3
赤木かん子編

1.『安達が原』手塚治虫
2.『強いものだけ生き残る』ジョン・ウィンダム 訳・大西尹明 
3.『ヴァ―ニスの剣士』クライブ・ジャクスン 訳・小西宏
4.『棺』ロバート・リード 訳・中原尚哉
5.『緑の地球フレドリック・ブラウン 訳・中村保男




5.『緑の地球フレドリック・ブラウン 訳・中村保男

 ↓ 以下、ネタバレあり。





    image (1)image_20151102230351fd1.jpg

     出ました。ここでも出ましたよ。SF銃。殺すだけじゃなく肉体そのものを消しちゃうなんて、どんだけ強力なんだよ。後片付け不要で便利でイイなぁ~しかもソーラー充電で永久的に使えるんだよ。男が、太陽で充電すること忘れたり、老化してライオン達に反応出来なくなったりするまで、怖いものしらずなんだよ。


     地球を想い、今住んでる惑星にない色、緑に焦がれる男。
    銃から発射される光が緑色に見えるのが慰め。緑の女は居ない、って言ってたけど、緑色の目をした女じゃダメなの? 
     私も緑の無い世界に行ったら、地球に居る時は嫌っていたトゲトゲした雑草さえも愛おしく思えるんでしょうか?


     ただ、彼の執着が人では無く、地球と言う入れ物の方だったのがなんか寂しい。地球から離れてまだ5年だと思っていたんでしょう。恋人のドロシーさえ肩に居れば、後はどうでも良かったのか。


     肩に乗る女の五本指みたいなペットってどんなの? って考えてしまいました。SFだからどんな生物創造したのかと。違った。作者の創造じゃなくて、主人公の想像だった。



    yjimage (5)yjimage (4)


    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 緑の地球 フレドリック・ブラウン 中村保男 郷愁

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。