スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『強いものだけ生き残る』ジョン・ウィンダム:読書感想

収載図書宇宙の孤独
出版社ポプラ社
刊行年月2005.2
シリーズ名SFセレクション
赤木かん子編

1.『安達が原』手塚治虫
2.『強いものだけ生き残る』ジョン・ウィンダム 訳・大西尹明  
3.『ヴァ―ニスの剣士』クライブ・ジャクスン 訳・小西宏
4.『棺』ロバート・リード 訳・中原尚哉
5.『緑の地球』フレドリック・ブラウン 訳・中村保男




2.『強いものだけ生き残る』ジョン・ウィンダム 訳・大西尹明  
強いものだけ生き残る

yjimage (6)yjimage (7)yjimage (7)




 読後やっぱり、『幽霊なんか怖くない』ビブリオバトルの伏木空、ネタバレしてるような気がしたんですけど。
あらすじに、そのまんま出ていた。
――そうか、生き残ったのは女だと容易に予想出来るから、そこはオチじゃなかったんですね。



        
               

あらすじamazon
 難破宇宙船に乗り合わせた唯一の婦人客はどうして生き残れようか?

 


 ↓、以下、ネタバレあり。





    yjimage (4)yjimage (2)

     生き残った母親が、やっと来てくれた救援隊をも、食料とみなしたことまでが、オチなのか。そうか、そういうことか……私は、女がお腹の子まで食べたのかどうか知りたかったから。

     
     救援隊が来て笑うぼうやに、ごちそうが来たわよ、食事の準備を始める母親――そうだよね、最終的にはこうなっちゃうよね。


     しかし、アリス、うまいなぁ~『相棒』の片山雛子みたいに男たち言い包めるの。フェルタム夫人は心配してるほど、娘のこと解ってなかった。娘の言ってたことが正解!


    p73~74
    「たぶんおかあさまは。ご自分ではおわかりになっていると思っていらっしゃるんでしょうけれど、実はそれほど、わたしのことをおわかりになってはいらっしゃらないのよ」

    「そうじゃりませんわ、おかあさま。そんなこと――そうよ、わたしももう子供じゃありません。自分なりに生きていく生活のある一人前の女ですわ」

    「それだけじゃありませんの。おわかりじゃないんです。わたし、自分に対しておとなに、本物にならなければいけないんです」




     ブラボー! 本物だったよ、フェルタム夫人。あなたの娘さんは。


    p72
     夫はため息をついた。「ねえ、ミリアム、忠告してやれる機会も何度かあるものだよ、もっとも、めったにいい顔はされないがね。ただ、人に代わって、人の人生を生きてみようなんて了見だけは起こしてはいけないが。もうアリスも一人前の女で、それ相当の権利はある。アリスがどうすれば一番よいか……なんていうのは、人ごとみたいかな?」



     お父さんの方が娘のことをちゃんと評価していた。


    yjimage (6)yjimage_2015102320062823a.jpg

     私も、アリスのことは母親や船長と同じ目線でみていました。単なる世間知らずの娘のわがままで、きっと夫の足手まといになるだろうと。ところがどっこい、芯の強い女性だったよ。一人目が亡くなって船長に妊娠のこと告げるまで、不平不満言わず問題行動起こさなかった。


    p115
     あの女に向かって、赤ん坊の生まれてくる見込みからしてそもそもないのだということを、はっきりと言ってやるほうが、結局は親切なのではなかろうか? そういうのが正直にはちがいない。が、船長は、正直こそ最高の策なりという言葉を言い始めた人が、果たして集団志気に関する知識を充分に持ち合わせていたかどうか、あやしいものだと思った。




     船長、アリスが妊娠したこと地球に報せなければなぁ~妊婦が居るってことで、より早く救援隊が来ることを望んでか。


     一人目のひとは事故だったとしても、一人目の両足が無くなってからは殺し合いだよね。

     船長が死ぬところの撃ち合いが、誰が誰なのか判りませんでした。靴に靴下履かせて、食料を盗もうとした二人組はどっち? 冷蔵庫の中から冷凍庫に移り(ここ不思議)銃を発射したのはどっち? 制服の操縦士は後から戸口に現れたんだよね。その時一緒に居たのが船長じゃないよね。宇宙服着ていた船長が、冷蔵庫の中で食料の番していたの? それとも食料盗みに行ってた方。この二人三組の見分けがつかなかったです。どっちにしろ、操縦士もあの時死んだんだよね。


     乗務員が全員死んでからのくじ引きなのか。アリスの言う、地球に帰ってからの世間の目を気にするより、今失われつつある自分の命の方が大切だと思うんだけど。そんな冷静な? 判断出来なくなってると思うな。くじ引きなんて悠長なことやってられなさそう。

     自分が死んだ理由を説明出来ないでしょう? ってアリスは男たちを脅していたけど、流産して自殺したって言い訳出来ない? どうせ遺体は、それまでの遺体同様宇宙に散ったって言うんでしょ?


     やっぱりこう言うお話、私にはSFやホラーとして、現実から切り離しては考えられませんでした。事故とか災害で、救助の来れない場所に閉じ込められたら――救援隊が発見した時、母親が亡くなった子供を抱きかかえていたら、世間は同情してくれるでしょう。でも、もし亡くなった子供が骨だけになっていたら? 母親だから許されたことも、一人の人間に戻った故の生き残りだったら、世間は彼女をどうやって扱う?



    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 強いものだけが生き残れる ジョン・ウィンダム 難破宇宙船 食料 妊婦 生き残り

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。