スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『秘密 THE SECRET』:感想

Wikipedia
(ひみつ ザ・シークレット、原題:Si j'etais toi)は、2007年公開のフランス映画。東野圭吾の小説を原作とした日本映画『秘密』をリメイクした作品である。

監督 ヴァンサン・ペレーズ
脚本 アン・シェルキス

キャスト[編集]
ベン・マリス - デイヴィッド・ドゥカヴニー
サマンサ・マリス - オリヴィア・サールビー
ハンナ・マリス - リリ・テイラー
ブレンダン・セクストン3世
ジェーン・ウィーラー
コリー・セヴィエール
ロランス・ルブーフ
ブランドン・ブルー
ブルーム・ラムゼイ



yjimage (2)yjimage (3)

内容(「Oricon」データベースより)
 東野圭吾のベストセラー小説「秘密」をリュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが映画化!

 愛する妻と娘に囲まれ満ち足りた生活を送るベンジャミン・モリス。しかしある日、妻・ハンナと娘・サマンサが乗った車が事故を起こし、助手席のサムともども重傷を負ってしまう。病院に運ばれるが、妻は息を引き取り、娘は一命を取りとめたものの、意識が戻った彼女は自分は妻のハンナだと告白する。ベンジャミンもそれを信じるが…。




 あの『ⅹファイル』のモルダーが、東野圭吾の原作で主演? 助演するなんて、日本で大々的に宣伝されてそうなのに、私全然記憶にありません。『ⅹファイル』の捜査官辞めて日が経って居たからでしょうか? 辞めたことも、『ⅹファイル』まだ続いて居ることも、私は知りませんでしたが。吹き替えもそのまま、だったのになぁ~不思議。


↓ 以下、ネタバレあり。



     

     原作とはラスト変えたんですよね。娘の魂が戻って来て、替わりに母の魂が消えた、と解釈してイイんですよね? 入れ替わりの期間は、母が娘を理解するまでの恩赦だったとか。おかげで母も、娘にメッセージを残せたし、娘も母の心を知れた。残された父の心の方は描かれて居なかったけど。でも、何で結婚式みたいな派手なシーンで終えなかったかな? 不思議。これっと言ったクライマックスも無く呆気ない位地味な終わり方。そこがフランス映画なのか。


     大学に行けなかった母と違って(夫の学業を優先したからか?)娘はとってもお勉強の出来る生徒だったようで。Aしかとったことがない。都会の良い学校に居たのに、今の田舎の学校に何の相談も無く転校させられて、それが不満だったみたい。それから反抗的になったのか? ドラッグに耽り、お尻に男の名前の入れ墨って、う~ん、お馬鹿。ただ、中身母親に振られた彼の言い分を聞いてると、入れ墨を入れさせた彼の方が優等生だったみたいで、今付き合っているドラッグ仲間の方が落ちこぼれみたいで、意外。母親の葬式にドラッグ吸わせようとするこのお友達と縁を切らなかったのも、意外。ドラッグ以外は、この四人の男女悪い子じゃないみたいだったから、そこは見抜いたのか。


     男子トイレで元彼か今彼に襲われそうになって、女子トイレから夫に電話をかける妻。診察中の夫。「――なんだって! 君がセックス?」「そうよ。それも一人じゃないのよ!」泣きじゃくりながら訴える妻。16歳、まだ子供だと思っていたのに、この両親のショックは欧米人でも同じようで。

     そりゃお母さん、怖いよね。熱気溢れる若者の群れの中に一人放り出されたんだもん。あっちはこっちを知ってるが、私はあなた達を知らないのよ! 夫は、私を妻だとは認めてくれないし、勉強もしなけりゃいけないし、も~大変。おまけに夫の気を引こうとしている女も現れるし、こっちだってホルモンの分泌活発になって、若者達の誘いを断るのにひと苦労。せっかく、若返ったのに、誰ともセックス出来ないのよ。もちろん、夫とも! 


     この夫婦、二十年経っても、一人娘が煙たがる程のラブラブぶりだったからね。夫が眼科医の設定にしたのは、何の意味があるのか解りませんでした。


     母が、娘が戻って来たふりをして、夫から離れていった、秘密。原作のラストでは、フランス人には受け入れられなかったのでしょうか? これ逆だったら無理ですよね。娘が、母の体に入ってじゃ。父親を説得するのに手がかかるし。原作も映画の夫も、直ぐ妻だと判ってくれたけど、父親が理解してくれなかったら……恐ろしい結末を迎えるよね。あとそうだ、原作の「――やっぱり寝なきゃしようがないのかなぁ~?」みたいな、父と娘の危ないシーンも無かったよね。あれも、けっこう見せ所だと思うけど。

     深夜の地上波だったから、色々カットされてたのかなぁ? それにしても良いとも悪いとも言えない作品だったなぁ~

     父親が息子の体に入って……てのも無理だったと思う。これって熟年の女性だから環境に順応出来たんじゃないのかと思います。

     そういや、父親と息子が入れ替わった『民王』も今夜が最終回。


    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 感想
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 秘密 THE SECRET Sij'etaistoi デイヴィッド・ドゥカヴニー 東野圭吾 オリヴィア・サールビー

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。