スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『食堂かたつむり』小川糸:読書感想



yjimage (2)

内容『ポプラ社』

 失ったもの:恋、家財道具一式、声
 残ったもの:ぬか床

 ふるさとに戻り、メニューのない食堂をはじめた倫子
 お客は一日一組だけ。
 そこでの出会いが、徐々にすべてを替えていく。



 ↓ 以下、ネタバレあり。





    yjimage (11)yjimage (6)

    p57
     おかんはそれを、オープン祝いにと、珍しくただで私にくれた。おかんと私の価値観は正反対。そのことに、いつもイライラして生きてきたけれど、この時ばかりは、ありがたいと思った。おかんにとってのガラクタは、私にとっての宝物だった。
     私は思うのだけど、女系家族の気質というのは、必ず隔世遺伝するのではないだろうか? 
     つまり、おかんは貞淑すぎる実の母親に反発してそれとは正反対な波乱万丈な生き方を選択し、その母に育てられた私は、そうはなるまいと反発し、また、それとは正反対の地道な生き方を選択する。永遠のオセロゲームをしているようなもので、母親が白に塗り替えたところを、娘は必死に黒に塗り替え、それをまた、孫は白に塗り替えようと努力する。




     娘を泥棒と間違え、ネグリジェ姿で追って来た母。やっぱりこう言う人って生命力に溢れてますよね。私、泥棒に立ち向かう根性ありません。まして、そんな無防備な格好で。


     アリババにネコババされた。
     銀行を信用出来ないから、現金を家に隠しとく。この思想だけ母から受け継いだせいで、同棲相手に、食堂の開店資金に爪に火を灯すようにして貯めていた札束持っていかれちゃった。私は、空き巣や火事の方が心配ですが。

     銀行に預けておけば免れたのか? キャシュカードの暗証番号知られれば、同じか。日本の国籍持たないと口座開けないんでしょうか?

     
     こんな同棲相手、酷いサイテ~! と感じてましたけど、最近は、金持ち逃げする男より、付き纏い別れてくれない男の方が、最悪だと思うようになりました。それにしても、アリババ、部屋にあったもの総ざらいとは容赦ないな。ぬか床持って行かなかったのは、単に欲しく無かったから? 外に出てて忘れただけ?


     深夜バスってどの位の料金なのか知りませんが、倫子バイト先に持って行ったお金一万円位しかなかったんじゃないの? カードも持って無いようだし。倫子は帰れる家、頼れる人が居たから良いけど、頼れる人がない人間がこんな仕打ちされたら、ど~すればイイの? 被害届け出した警察で当座の費用貸してくれる? 一時避難所みたいな所に連れてってくれるの? 役所に助けを求めるべき?


     家賃って前払いだと思うから、事情書いていくらか返して貰ったら? バイト先にも事情書いて、住み込みにしてもらうとか日当にして貰うとか出来たんじゃないのかな? 話せない、ってことが交渉する時大変だろうけど。

     
     不憫だと感じる倫子も、行き先が祖母の家とは言え、黙って出て来ちゃってるし。ふるさとに帰っても、おかんのへそくりネコババしようとしていたし。ある意味、泥棒の恋人と同じ思想の持ち主?

    yjimage (13)yjimage (12)


     頭を坊主のように切って、異物混入に細心の注意してても、弱ってる兎預かっちゃうところ、ゆるいと思いました。拒食症の兎って、小学生の飼い主が言ってるだけで、伝染性の病気かもしれないじゃない。兎から伝染ったって病気聞いたことないけど、用心するに越したことは無いと思うよ。 


     一日一組ってこう言うお店、採算とれるの? スゴク素敵なお値段にしなきゃやっていけないと思うけど、倫子そんな高額設定にしてるとは思えない。一日どの位の純利益あればやっていけるんだろう? おかんに光熱費払って、どの程度借金返せるのだろう? おまけに、雪の多い期間は閉鎖だし。


     母をおかん、って呼んでたからふるさとは関西かと思いました。熊さんの訛りから、東北っぽく感じました。雪の積もるところなのね。


     熊さんの助けで食堂をオープンにこぎつけ、食べたお客さんは元気になるなんて、恵まれてますね。あのまま恋人と食堂開いて居たら、今のような理想の食堂開けなかったかも。開店資金を失って、新鮮な食材が手に入るお店開店出来るなんて。人間万事塞翁が馬。嫌いで避けていた母を頼ることになったし、災いが福に転じることもあるよね。

    yjimage (5)yjimage (8)

     後半の方がファンタジー濃厚。
    水鉄砲で処女受胎したおかん。――えっ? それって可能なの?
    ドラマ『CSI』で、客のつかなかった30過ぎの売春婦が、金持ちの客のコンドームで妊娠しようとしてた処を、本人に見られ殺されてましたけど。じゃ、可能か?


     祖母は、おかんとのこと何も話してなかったし、おかんも何も話さな過ぎ。
    貞淑だと思っていた祖母と、貞淑な母親に反発して私生児を産んだおかん。
    逆転していた。それにしても、不倫の子だから倫子なんて、そんな馬鹿な。そりゃ吉本ばななの小説に出ていた、サセコよりましだけど。これも逆の意味でした。

     おかん、台所以外はだらしない女では無かったんじゃないの。
    って言うか、倫子さっさと黴の生えた食材捨ててあげなさいよ!
    そんなもの放置してたから、病気になったんじゃないの?

    yjimage (7)

     フクロウ爺は、予想通りのオチでしたね。
    倫子が思っている以上に、おかんは倫子のこと理解していた。
    「ごめんね。あんたは一番好きなひとの子じゃない、って想いがあったのかも」
     思い込み強いな、夫と子供捨てて駆け落ちした祖母とイイ、初恋の彼以外なら男はどれも同じだから、と他の男達を見限ったおかん。身ぐるみ剥がされるまで、同棲相手を信じ切った倫子。

     ネオコンをはじめ、やらせないのに、村の男達に貢がせたおかん、凄腕。


     おかんが豚をペットにしてることで、きっと最後は食べることになるんだろうな、と予測してました。でも、それはおかんとネオコンに騙し討ちにされるような形になるのかと。「――今、お前が美味しいって食べたのは、エルメスだよ」、って感じで。「私のペットだよ、私の豚だよ。処分するのに、何でお前の許可が居るの」って、悪魔のようなおかんの姿を想像してたんですが。


     おかんもネオコンも、そんな意地悪なことする人間じゃなかったよ。

    yjimage (9)yjimage (10)

     エルメスを最期まで面倒看れて、料理人として良かったね。披露宴の料理にと、決断したおかんはエライ。豚って目と蹄以外、食べれるんだ。血のソーセージって、怖いけど、血の付いた肉平気で食べてるんだもんね。
     牛は眉間銃で撃つって、漫画で観たことあります。
    豚は、手足縛り付けた時は、―-まさか生きたまま丸焼にするのか? と怯えてしまいましたが、そんな馬鹿な。頸動脈を切るんですね。これも倫子、人任せにせず良かったと思います。






    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 食堂かたつむり 小川糸 エルメス おかん 処女受胎 倫子 ネコババ ふくろう爺 ネオコン お妾さん

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。