スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『三橋春人は花束を捨てない』織守きょうや:読書感想

『ベスト本格ミステリ2015』本格ミステリ作家クラブ選・編

yjimage (11)yjimage (1)





内容紹介 
 ピアノの白鍵と黒鍵は、1オクターブを12等分した音を並べたもの。
 1年は12カ月。星占いは12星座。音楽、時の流れ、夜空の神秘に調和を見出す12という数字。
 この本には、11の短編小説と1つの評論が収められています。不思議な謎を理知的に解き、調和を与える本格ミステリ12作の宴。
 お楽しみください。

 2014年に発表された本格ミステリの短編と評論から、本格ミステリのプロフェッショナルが選び抜いたベスト作品集!


 1.『最後の良薬』長岡弘樹
 2.『心中ロミオとジュリエット』大山誠一郎
 3.『三つの涙』乾くるみ
 4.『三橋春人は花束を捨てない織守きょうや
 5.『死は朝、羽ばたく』下村敦史
 6.『舞姫』歌野晶午
 7.『緑の女』櫻田智也
 8.『真桑瓜』青山文平
 9.『理由(わけ)ありの旧校舎』初野晴
10.『許されようとは思いません』芦沢央
11.『髪の短くなった死体』青崎有吾


【評論】
ゆるいゆるいミステリの、ささやかな謎のようなもの。 千野帽子


 
 
 あらすじ⇔蔓葉信博;解説ベストミステリ2015よりp421~427引用

あらすじ
 弁護士の木村は、知人の紹介でやってきた相談者から離婚親権に関する依頼を受けます。彼にとってはじめての離婚案件でしたが、理解の早い相談者のおかげで円満に解決へと導けそうに思えました。ところが、この離婚案件には人知れず仄暗い企みが潜んでいたのでした。




 現役弁護士のリーガル・ミステリー。

 ↓ 以下、ネタバレあり。







    yjimage (7)yjimage (6)yjimage (10)

    p140
    「ただ、覚えておけばいいよ。絶対に欲しいものが決まってる人間が、どれだけ強くて、」怖いものかを。




     う~ん、こう言う大細工をせずに、独身男性が自分の子供を手に入れる方法、無いんでしょうか? 

     こう言う場合も代理母ってなるのかな? 結婚せずに、これだけ上げるから僕の子産んでくれない? って頼めば、産んでくれる女性居そうな気がするけど……

     これだとお目当ての女性が引いちゃうか……葵子なら呆れながら観念しそうだけど。

     問題は母親が産んだ途端気が変わって、子供を手放さない、結婚を求めて騒ぎ立てるリスクか。

     美紅も真相しらないままでいられたら、傷つかずに済むんだよね。離婚成立後そっこ~で、春人の友達にフラれたとしても。

    yjimage (3)

     だいたい予想通りのオチだったのと、春人と葵子に嫌な感じしなかったので、読み終わった直後は――いったい、何が悪いの? と感じてしまいました。たった二年の結婚生活で財産の半分貰えるんだし、娘とは週一で会えるんだし、と。

     いや、一つ気になったのは、離婚したいが為に友人に妻を誘惑させたこと。そう言う、別れさせ屋みたいな卑怯なやり方は嫌いだったんですけど、そう言うのはたいてい、慰謝料払いたくないとか自分に有利な方にしたいから、だったし……

     いやいや、損得ばかりで考えちゃいけないだろ。心の問題だろ。子供目当ての結婚って。踏み台? 捨石にされる女からしたら、馬鹿にして! 私は子供造る機械じゃねぇよ! と大変失礼な話ですよね。名誉、プライド、人としての尊厳踏みにじっている。


     産みの母から子供を取り上げるなんて! と怒らなきゃいけないところなんでしょうけど、なんかそう言う怒りも湧いてこない。
     葵子との結婚の材料に子供を使った春人、絵を描きながら乳飲み子の面倒ちゃんとみていたようだし。

     美紅目線で語られたら、怒りを感じたかもしれません。


    ――あれっ? 葵子が弁護士勧めるの、春人が戸惑ったのは何故だったんだろう?


    yjimage (8)yjimage (15)yjimage (13)

    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 三橋春人は花束を捨てない 織守きょうや 離婚 弁護士 デキちゃった婚 浮気調査 親権 先輩後輩 弁当屋

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。