スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『心中ロミオとジュリエット』大山誠一郎:読書感想

         『ベスト本格ミステリ2015』本格ミステリ作家クラブ選・編

yjimage (6)yjimage_20150901202023490.jpgyjimage (2)

内容紹介 
 ピアノの白鍵と黒鍵は、1オクターブを12等分した音を並べたもの。
 1年は12カ月。星占いは12星座。音楽、時の流れ、夜空の神秘に調和を見出す12という数字。
 この本には、11の短編小説と1つの評論が収められています。不思議な謎を理知的に解き、調和を与える本格ミステリ12作の宴。
 お楽しみください。

 2014年に発表された本格ミステリの短編と評論から、本格ミステリのプロフェッショナルが選び抜いたベスト作品集!


 1.『最後の良薬』長岡弘樹
 2.『心中ロミオとジュリエット大山誠一郎
 3.『三つの涙』乾くるみ
 4.『三橋春人は花束を捨てない』織守きょうや
 5.『死は朝、羽ばたく』下村敦史
 6.『舞姫』歌野晶午
 7.『緑の女』櫻田智也
 8.『真桑瓜』青山文平
 9.『理由(わけ)ありの旧校舎』初野晴
10.『許されようとは思いません』芦沢央
11.『髪の短くなった死体』青崎有吾


【評論】
ゆるいゆるいミステリの、ささやかな謎のようなもの。 千野帽子

 


 
 あらすじ⇔蔓葉信博;解説ベストミステリ2015よりp421~427引用

あらすじ
 とある元警視が担当した若い男女の心中事件。両親の反対を振り切り駆け落ちをしたふたりでしたが、その後、岬の断崖下で遺体として発見されます。当時、交番勤務だった元警視はこの心中事件に不審な点を感じたまま、それを払拭することができずにいました。俳優であるわたしの叔父が、自身の経験をもとに推理した心中事件の新たな構図とは……




 ↓ 以下、ネタバレあり。





    yjimage (1)yjimage (4)yjimage (3)


    p56
     「劇団の仲間たちにも呆れられたよ。なんとつまらない、索漠としたことを考える男だってね。そんなことだから女にもてないんだって言われたっけ。
    ――門田家の長男と小谷家の長女が愛し合っていたと聞いたとき、私は昔、『ロミオとジュリエット』に出たときに恋人たちに抱いた印象を思い出したのです。二人とも名家のお坊ちゃんお嬢ちゃんで、蝶よ花よと甘やかされて育ってきた人たちです。二人の熱情が冷めたとき、厳しい現実に直面したとき、二人の愛情は本当に変わらなかっただろうか。それは互いへの憎しみに変わりはしなかっただろうか。」




     死んだ令息令嬢、心中だったとしても殺されたとしても、どっちも同情出来なかったな。何時の時代にも、何も無い状態から二人で始める若者は居るじゃない。単に我が儘なだけでしょ。それでもよく知り合いを頼らず1年間も持ったよ。電話が普及されていない時代とは言え、両家に見つからずに済んだとは、不思議。あんまり反対するから燃え上がるんだよね。「好きにしろ。勘当だ」って突き放した方が、熱冷めたかも。


     本気で運命の相手だと感じるなら、もうちょっと我慢強くならなきゃね。待てるでしょ、運命の相手、ただ一人のひとなら。


    p61
     元警視は茫然としていた。
    「交番に駆け込んできたときの彼女は本当に動揺しているように見えたし、遺体が発見されたときは、心底悲しんでいるようでした。まさかあれが芝居だったとは……」
    「彼女は事実、心底悲しんでいたのでしょう。赤子の頃から慈しんできたお嬢様を殺さなければならなかったのですから」
    「しかし、彼女はいかにも人がよさそうに見えましたが……」
    「人がよいことと殺人とは矛盾しないのではないでしょうか。私は三十数年、悪役ばかりを演じてきて、少しだけわかったことがあります。世の中の悪の多くは、ごく平凡で善良な人々が、自分を愛する者の幸せのために為すということです」




     そりゃそうさ。赤子の頃から知ってるお嬢様より、実の娘の方が大事だわさね。
     そうして、二人の若者の死を土台に築き上げた幸福。
    娘の結婚が不幸に終わって居たら、どうなっていたんだろう?


    yjimage (7)yjimage (5)





    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 心中ロミオとジュリエット 大山誠一郎 駆け落ち 敵同士 喧嘩 製紙業 令息令嬢 乳母

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。