スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『のぼうの城』和田 竜:読書感想

yjimage (1)

あらすじ『小学館』
  時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。




 ――う~ん、私には歴史小説も合わないみたいです。



 ↓ 以下、ネタバレあり







    yjimage (2)yjimage (11)yjimage (12)

    石田三成って、もっぱら事務方で、戦の経験が無い人だと思っていました。秀吉との間に、主従関係だけでなく父と息子のような情愛も確かに通っていたのですね。水攻めの時、城の頂から見下ろす秀吉が落ちないように、足を必死になってつかんでいた三成。殿は天下をとられるぞ! と親友、吉継に向かって宣言し、自分もこんな戦がしたいと願った。

     忍城攻めに向かう三成を、盛りたててやる秀吉。こんな人の情けが解かる秀吉が、鳥取でしたことを思うとゾッとします。


     石田三成って、利の人って感じで効率の悪いことはやらないのかと思っていました。それが子供のように、自分も秀吉と同じ水攻めがしたいから、の理由だけで、降伏させれば簡単なのにワザと相手を怒らすような正家を使者に使ったりする。水攻めでは手柄がたてられないと他の武士からは不評で、手間もかかる戦略なのに。

     何時の時代も人は利ばかりで動かないってことですね。自分や家族の命がかかっていることでさえも。だから、こうして物語がおこるんですね。


     さて、主人公ののぼう様。でくのぼうから、そう呼ばれるようになったそうです。百姓から直に呼ばれても怒らない。のぼうさまが好きなのが、田畑仕事。でも、不器用なんで、二度手間になるんで、百姓は手伝って欲しく無いんです。それで百姓から声をかかるのを、傍で待ってる姿、憐れです。そんなに好きなら、この方専用の田畑与えてあげてよ! 

     丹波や和泉と言うとても良い幼友達が居て、おまけに豪傑美女と誉れ高い甲斐姫からも好かれて居て。なのに親友丹波でも、心が読めない、のぼうさま。三成の挑発に乗って、秀吉と内通している城主の志を無視し、わしはいやじゃ! と駄々を捏ねる子供のように、開戦を選んでしまいます。のぼうさまのお父さんこそ義理を重んじる武士なので、何となくこの父子の気迫に圧されて、重臣達も開戦せずにはいられなかったと言うか。


     戦いが始まった当初は、領民ものぼうさまがそう言うなら仕方ない、と力を貸そうと乗り気だったんですが、水攻めにあい領民も武士も士気が下がる。病床の父も無くなり、そこでのぼう様は、一人舟に筏だっけ? 乗り、味方も敵方も観ている前で豊穣の祭りの踊り(けっこう卑猥な)をやってのける。この度胸すっごい。何処からそんな力出たの? 普段の姿からはまったく想像も出来ない。本人は味方の目の前で殺されて、味方の士気を上げよう! と意図して演じた一世一代の大舞台でした。


     これを観た三成は激昂し、吉継が止めるのも訊かずに、のぼうさまを撃ち殺そうとします。急所には当たらなかったのですが、味方の士気があがり、のぼうさまを殺した! と三成方に寝返っていたかぞう達が、大堤を打ち破り、水の流れが三成の方に逆流するようになりました。一時的には形勢逆転するのですが、そこは数の差力の差、負けるのは時間の問題でした。そこへタイミング良く秀吉からの使者が、本丸の小田原城を落としたから、もう戦する必要ないよって言って来た。

     その後の三成との交渉でも、のぼうさま意地を見せます。負けた方なのに、すっごい強気で頼みます。また三成も心良く受け入れます。
    う~ん、最後がこんなにさわやかに終わってイイのか、って位。なのに、甲斐姫を秀吉様に差し出すように三成の命には、のぼうさま二つ返事で承諾します。

    p326
     だが、ここで靭負(ゆきえ)は、ふられた者が発する、真に女のためにと思う言葉を口にした。
    「姫よ、いずれ猿めに抱かれるのじゃ。心底惚れた男にまずは抱かれよ」
     諭すようにいった。
     しかしそんな靭負も、甲斐姫が、「そうする」と、さっさと本丸の方に戻りはじめたのには少々落胆した。
     靭負は去っていく甲斐姫の後ろ姿を見送った。すると甲斐姫は足を止め、しばらく背を向けていたが、くるりとふり返って叫んだ。
    「わしはな靭負、猿めの骨をも蕩かせ、寝所にて奴の所領を奪い取ってやるわい」
     領地を懸けた合戦を前にした武将のような顔つきで豪語した。




     う~ん、戦国の人は姫でもはっきりと物を言うなぁ~でも、女心まで読み取れなかったよね、靭負。女子に対しても初陣みたいだから無理もない。その点、甲斐姫も普通の女だなぁ~糠に釘の、のぼうさまより、自分に惚れ込んでいる靭負に、心が移るなんて。

     その宣言通り、甲斐姫は秀吉の寵愛を受け、領地を貰い受けたのでした。あぁ~男の人って幾つも愛を持って居るのねぇ~♪

    ――あれっ? 茶々が現れる前だっけ?


     親友吉継の「おぬし甲斐姫に惚れておったのか?」に頷いたらしいのぼうさま。それならもっと意思表示しとけばぁ~? 甲斐姫にはもっと力のある男がイイと。自分は相応しく無いと、遠慮していたのかなぁ~?


     結果的にこの、のぼうさま・成田長親出家したんだっけ? 
    勝って天下人側に居た三成より長生き出来たんじゃない。
    人間何処でどうひっくり返るかわかりませんね。




    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : のぼうの城 和田竜 歴史小説 成田長親 忍城 水攻め 石田三成 秀吉 甲斐姫 小田原城

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。