スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『霊眼』中村 啓:読書感想



Amazon様から画像もお借りしてます。

内容(「BOOK」データベースより)
柳川享子は、大学時代の友人・真弓が失踪したことを知る。フリーライターだった真弓は、山梨で起きた死体損壊遺棄事件に関心を示し、取材に出かけたまま行方がわからなくなったという。真弓の行方を探し始めた享子だったが、次々と不審な現象に遭遇する。やがて幽霊や、前世の因縁が渦巻く怪奇の世界に足を踏み入れることに。そして、霊的な知覚を可能にする“第三の眼”をめぐる大きな企みに巻き込まれていく。『このミステリーがすごい!』大賞2009年第7回優秀賞受賞作。



 この作品の冒頭には過激な場面が出てきます。気の弱いかた、心臓に疾患をお持ちのかた、妊娠中のかた等は、くれぐれもご注意のうえ、お読みください――表紙に思わずそう但し書きつけたくなる本書、
      香山二三郎(コラムニスト)




 ↓ 以下、ネタバレあり。





      そうそう、冒頭の過激な場面で、二つの記事を思い出しました。自分が堕胎手術した胎児を規則に法って処理するのが面倒になり、自分が飼っている犬に食べさせていた女医。それとは逆に、中絶した子を自分で弔うからと病院から貰い受け、自宅の冷蔵庫に大切に保管していた女子大生。女医の方は解かりますけど、女子大生の方も罪になるとは知りませんでした。


     この作品の母親達は、自分が産んだ子が廃棄されているとはしらなかったんじゃないでしょうか。代理母として呼ばれてるんだし、死産だった、養親の下に送ったと言われれば信じるしかないんじゃないでしょうか。真弓の流産は嘘だったのかな? それとも真弓に殺されるところで必死だった享子の嘘? 自分で自分が流産したかどうかも解からんかったか? 真弓。享子あぁ、言えば真弓は自分から遠ざかるって解かってわざと言ったのか? 最後の二人の駆け引きが解かりませんでした。 


     そうそう、冒頭で、破砕機で撒き散らしたやくざ二人に噛み付いた胎児? 赤子? 第三の眼持って産まれたんじゃないの? なのに何で捨てられたの? 顔を噛みつけられた方は直ぐ死んで、腕に噛み付かれた方は眼がついただけって。死因は別だし。このエピソードがもっとお話に活きてくるのかと思いました。 

     やくざの復讐が金儲けか。巻きぞいにされて土の中に埋められた市議会議員気の毒。その場の儲け話に乗り、大損した桧垣はあれからど~なったの?

     未来が視えたら、そりゃまず儲けること考えるよね。危険回避しながら。それから先は、ど~する? 天下とる? 人の心読めるのも、視たくない! と思ったら視ない、ってコントロール出来るならイイけどね。自分の都合のイイ時に、欲しい! って思ってしまう能力だけど、考えてみるとあんまりありがたくない能力かもね。


    p392
    「享子も今ならわかるでしょう? 人間ってすごく弱いのよ。ちょっとしたことですぐ傷ついたり、孤独を感じたり、人生に絶望したりするのよ。死にたくなったりすることもあるわ。あたしは心が読めるから、そんな人をたくさん見てきたのよ。
     不幸がちょっと重なっただけで、自分の運命は呪われてるんじゃないかって疑い出したりしてね。精神世界や心霊現象をまったく信じないあなたでさえもそうだったでしょう?」




     ほんとそう。直ぐ自分はツイてないって思っちゃう。これ書き始めた時も急に電源が落ちただけで、――これって書いちゃいけないの? なんて思ってしまいました。
     
     夫婦円満だった夫が自殺して、妹夫婦が事故にあい妹が流産して、母親が病気で入院。うん、これだけ良くないことが続くと、ヒロイン享子で無くてもお祓いした方が良いんじゃないかって、思ってしまいますよね。おまけに第三の眼を持つ享子には、女の影がチラつくし。

     享子の前世の恋敵、現世では享子に害を与えれなかったんですよね? まぁーこれもとんでもない逆恨みで、前世の恨みの心のまま現世生きてないでよ! と思っちゃいました。自分の放火で巻き添えにしてしまった人達の供養してあげれば良かったのに。享子の前世の恋人は誰だったんだ? 現世ではど~でもイイ存在だったのか。

     この享子に恨み持つ、前世の恋敵そのまま真弓の方が良かったんじゃないでしょうか? なんかこの辺、余計なエピソードのような気がしました。

     不自然に感じたとこ。二人の女性の設定が34歳ってとこ。24歳の方が自然。セレブでモテ女の享子が30過ぎまで独身で居たことが不思議。魅力的な享子を、それまで付き合ってた男性がみな気持ちよ~く別れてくれたんだ。

     それよりもっと不自然に感じたのが真弓。付き合っても無い男を、モテ女享子に自慢しに連れて行ったとこ。人の心読めるのに、男心は読めなかったか? 中学生でも、自分より可愛い女子に、自分の好きな男子紹介するの躊躇うよね? 警戒するよね? 付き合ってもいないのに、盗られた! 大失恋……なんて恨まれてもなぁ~

     そんな真弓の心に気づかず(気づかないフリ?)享子もど~かと思うけど、真弓を親友だと思って捜す位だから見下していただけでも無いんだよね。夫が殺されなければ、捜すまではしなかったと思うけど、少なくても享子にとって真弓は親友だった。
     真弓も嫌なら付き合わなければイイのに。享子と居ることで楽しい思いをしたこともあるのでしょう? 享子の容姿に嫉妬してるなら、ブランド物で身を固めるより整形して就活に臨めば良かったのに。美貌を手に入れて、人の心読めるなら、人の心も操れるんじゃない?

     真弓の心の流れが解かりませんでした。
    まず享子の夫を、享子の変装して殺す。葬式で、享子の妊娠を霊視する? 自分が失踪してその後を享子に追わせるよう仕掛けて、代理母になりに行く。流産したと告げられてから、享子の妊娠を知った? それで直接殺すことにした。

     子供を産むことが唯一の希望だったって。真弓そんなに妊活に励んでいたの? 真弓、大学生の時から34歳に至るまで弱味話してないから、そのへんの心の流れが解かりませんでした。十数年の歳月が流れているから、二人の女性にも色々あったってことでその辺は察しろってことなのか? それで34歳の設定?
     


     ラストは、映画『ローズマリーの赤ちゃん』を連想しました。普通の女ローズマリーと違って、第三の眼が開いた享子は、宗教団体の中でも中心的人物になっていきそうですね。



    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 霊眼 中村啓 第三の眼 前世 死体損壊遺棄 このミステリーがすごい!

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。