スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『リアル鬼ごっこ』(2007);感想

ダウンロード あらすじ    

日本にもっとも多いとされる苗字“佐藤”。テレビでは、最近その佐藤姓の人間が死因は様々であっても相次いで亡くなるという奇妙なニュースが流れていた。佐藤翼(石田卓也)には、母親の死後アルコール依存症となっている父親と、生まれつき言葉と感情を失い入院している妹の愛(谷村美月)がいる。不良高校生である翼は、佐藤洋(大東俊介)率いる敵対グループに毎日のように追われていた。翼と洋は元々幼馴染であったが、今では疎遠となっている。ある日、翼がついに追っ手に捕まってしまうが、その瞬間、洋の前から翼は忽然と姿を消す。翼が気がつくと、取り囲まれていた不良たちはひとりもおらず、あたりは静寂に包まれていた。状況がわからず翼は戸惑う。そこへ今度は洋が物凄い形相で突進してくる。反射的に逃げる翼だが、洋もまた何者かに追われていた。二人を追うのは黒装束に赤く光る目の仮面をつけた“鬼”たちであった。事情を聞くと、この世界では王政が敷かれており、“佐藤”姓を持つ人間は一日のうちの数時間、王の仕向けた鬼によって追いかけられ、捕まれば死刑という殺人ゲームが行われている、という。何とかその日のゲームを逃げ切った二人の前に、少女が現れる。妹の愛と全く同じ顔をしているものの、翼の知る愛とは正反対の明るく健康的な別人になっている。愛によると、この世界は現実世界と平行して存在するパラレルワールドで、同一人物の生と死がリンクしているという。つまり、こちらで死んでしまえば、現実世界の自分も死ぬことになる。佐藤姓を持つ人間が次々に死亡していたのはこのためであった。愛は翼に助けを求める。混乱する翼だったが、この世界で愛を守れなければ、現実世界の愛も死んでしまうことになる。命をかけた鬼ごっこ、決心した翼は愛と家族を守るため、走り出した!


監督 柴田一成

キャスト

佐藤翼 石田卓也
佐藤愛 谷村美月
佐藤洋 大東俊介 
松本莉緒 吹越満



 『リアル鬼ごっこ2』 2010

スタッフ
監督 柴田一成
アクション監督 横山誠
脚本 柴田一成
原作 山田悠介

キャスト

佐藤翼 石田卓也
佐藤愛 吉永淳
佐藤洋 三浦翔平


     あらすじ

 日本中で最も多い姓の“佐藤さん”を捕らえて死刑にする“リアル鬼ごっこ”を勝ち抜き、世界を救ったものの、新たなパラレルワールドへと飛ばされてしまった佐藤翼(石田卓也)。その半年後、彼がいたのは、またしても謎の独裁者によって“佐藤さん”が迫害を受ける世界。そこで、妹の愛(吉永淳)や幼馴染の洋(三浦翔平)たちと独裁者に対抗するレジスタンスとして戦っていた。だがある日、翼たちは謎の支配者が仕掛けた新たな“リアル鬼ごっこ”に強制的に参加させられてしまう。タイムリミットは48時間。鬼から必死に逃げ廻る中、突然、翼だけがこのパラレルワールドと運命が繋がっている現実世界に戻ってしまう。喜んだのも束の間、彼らを追う鬼たちも一緒に連れ帰っていたことが明らかになる。現実世界の愛や洋、やむなく行動をともにする看護師の佐藤美沙(渡辺奈緒子)や、“佐藤”怪死事件を追う刑事の佐藤明(蕨野友也)ら仲間を巻き込みながら、現実世界でも“リアル鬼ごっこ”が始まってしまう。果たして翼は“現実世界”と“パラレルワールド”の両方で繰り広げられる2つの鬼ごっこを逃げ切ることができるのか……?そして、全国の“佐藤さん”が再び平和に暮らせる世界は訪れるのか……!?



 1、2と連続して地上波で観ました。このシリーズ5まであるんだ! 今年公開のを含めたら6? どんだけ~人気シリーズなんでしょ。2の時は感じなかったんだけど、1の時は、主役の石田卓也を、土田晃之の息子のような顔に観えたのは私だけ?


 ↓ 以下、ネタバレあり。





     原作はもっと単純なお話でしたね。
    それを映画版では、王は翼と愛の父親という設定で、パラレルワールドを用いて話を膨らませていました。
     パラレルワールドでも主人公の翼は一人しか存在しないけど、その翼をパラレルワールドに運んだのは、翼の妹愛だった。


     翼と愛の母親は、その昔パラレルワールドを乗り越えて王と出逢い翼を儲ける。母親を通じてパラレルワールドの仕組みを知った王は、それを利用し独裁者として王に伸し上る。王が恐ろしくなった母親はまだ赤ん坊の翼を抱いて、元の世界に逃げる。この時の記憶が翼にはトラウマとして残っている。その後、今の父親と出逢い愛を産んだ母親は、秘密封じに王に殺される。
     翼は愛の声を聞いたことが無いと言ってた。母親が殺される現場を愛は見ていて、人形のように喋れなくなったのか?
    パラレルワールドを繋げる能力を持ってるが故に、精神に異常をきたしたのか? そんな愛にセクハラする医院長(鬼ごっこしてる世界では父娘なんだよね)が柄本明で、声そのままだと直ぐバレるんで。覆面していた王の声が平泉成に替わってたと思ったんだけど……クレジットに乗ってないから気のせいか。 


     1の王が鬼ごっこ始めた目的は、佐藤翼を捜す為。自分が殺した母親と同じ能力を受け継いでると思った、翼の力を利用したくて。


     愛の心が安定していないせいか、愛の能力は愛自身も思うように使えない。パラレルワールドの洋が身代わりになり絶体絶命の危機に陥った時になって、やっと兄を飛ばせる位。1ではそれで助かったんだけど、2になると飛ばせたとしても、追っていた鬼ごと飛ばしちゃったりする。



     1の終わり方は王にとってお間抜けな感じ。
    最後、翼は二つ目のパラレルワールドのに飛ばされるんだけど、そこでは洋が元気に生きてる。――あれっ? 一つ前の世界では屋上から墜ちているし、翼が暮らしていた世界ではチンピラとやりあって死んだ、って言われてたんじゃないの? 生きてたとしても、瀕死だよね?

     2の王は何なの? 1とは別の王ってことだよね? 最後には翼、また三番目のパラレルワールドに飛ばされるから、王は別人ってことだよね? 翼や愛達と関係無いんだよね。2の王は何で鬼ごっこ始めたのかなぁ~? ど~しても、1に比べて2の印象が薄すぎる。

      。



    1の鬼はワイヤーロープを所持していて、逆らった佐藤の身体をそれで首、胴体ごと切断しちゃう。2の鬼は火炎銃で焼いちゃう、とどちらもグロテスク。原作の鬼はもっと人間味あったな。やっぱ足の速い人間を選んだとかで。映画の鬼は囚人で、ロボットのように冷酷


    ダウンロード (1)images_20150725212353908.jpg

     ドラマの鬼ごっこも再放送されないかな? いや、うちにとっては再放送じゃないんだけど。最近になって『まれ』の一子(清水冨美加)が、佐藤愛役の娘だと気づきました。気づくの遅いよ!

    images (2)images (1)


    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 感想
    ジャンル : 小説・文学

    tag : リアル鬼ごっこ 山田悠介 佐藤翼 パラレルワールド 映画

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。