スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『透明人間は204号室の夢を見る』奥田亜希子:読書感想



Amazon様から画像もお借りしてます。


内容紹介
 暗くて地味、コミュニケーション能力皆無の実緒。奇妙な片思いの先にあるのは破滅か、孤独か、それとも青春か。
今までにない感情を抱くことで、新たな作品を生み出す女性作家のグレーな成長小説。






 気になった彼のことを妄想しているだけならカワイイ? 女。後をつけ、モノやメッセージを届け続けてしまうのはイタイ女。リアルで彼の恋人ごと接触してしまったら、コワイ女。
 それでも、どうか真相を知られても、美緒が春臣といづみから嫌われませんように、と願いながら読みました。



 ↓以下、ネタバレあり。





     春臣が美緒を不気味に感じてしまったのは、しょうがないよね。
    全裸だったの見られたし(洗濯物干す時、着る服必要だったんじゃないの?)、困ってる時に、ニヤニヤしてしまう癖が出るんだもん。コワイ女美緒からいづみを守る為、春臣自分の故郷にいづみを連れて行ったんじゃないだろうか? 美緒が春臣に頼んでいたように、春臣といづみは結婚し子供を持つ、結果的に美緒が二人の仲を取り持った。そんな風になったんじゃないだろうか?



     女性の全裸生活はめんどくさそう。急な訪問に、男性なら短パン一枚で出られるけど、女性はそうはいかない。
     昔、秋吉久美子がブリジット・バルドーを真似て挑戦したことがあったそうです。やはり、料理の時の油はねが怖かったって言ってましたね。



    p98
    「目標の内容がすごいんじゃなくて、目標をもてることがすごいって、美緒さんは言ってるんだと思うよ」
     と、穏やかな声で言った。
    「どういうこと?」
    「いづみみたいに、前向きに生きられる人ばかりじゃないってこと」
    「私だって落ち込むことはあるよ」
    「それはもちろん知ってるよ。でもいづみは、自分の道は自分で選べるものだと思ってる。そして、その道に進むためにはどうしたらいいのか、ごく自然に考えられる。
    思考や感受性の基礎に、生きることや未来への希望があるんだよ



     あぁ、そうですね。私も羨ましいです。そう言う人。
    いづみ、今CMに出ているmiwaでイメージしました。


     美緒も目標持って、大学行かず書くことで食べて行くことを決めて、両親の金銭援助も断り、バイトだけでの生活五年も続けて来たのだから、エライと思う。それでも、根本的なモノがいづみと違う。いづみはスゴイ。そう春臣は代弁してくれたのだと思う。



     二人との仲は、残念な終り方だったけど、いづみの本音を聞いた時から、美緒には覚悟があったんじゃないの? もう誘われないなって……だから、春臣が手に取って戻した茄子紺色の自分の本を買ったし、主人公がここから出たらもう引き返せない作品書いたんだよね?


     着ている服に気を使うようになったし(しかし、自分で部屋に呼んどいて掃除してから服買いに寄ってから二人を迎えに行くなんて、どんだけぇ~待たせるんだよ!)、嫌なリーダーに言い返せるようにも
    なった。これまで書いて送っていた掌編は、春臣が全部返してくれたし、次作の構想まで浮かんだんだから、美緒としては結構丸儲けだよね。

     美緒が春臣に小説を贈るようになった時、私は、春臣かいづみが、美緒の作品でデビューしちゃうんじゃないの? とか思っちゃいました。それか、いづみが、春臣と美緒の仲誤解して仲たがいするとかね。そこまで深く関わることは出来なかったけれど、二人の断片を垣間見えて、その中で夢みたいに幸福だったんだから良かったよね。


     ただ、あんまり透明人間になって、が活かされてないように感じました。全裸生活への前フリ?




    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 透明人間は204号室の夢を見る 奥田亜希子 すばる文学賞 全裸生活 掌編

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。