スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『札幌アンダーソング 間奏曲』小路幸也:読書感想

Amazon様から画像もお借りしてます。

ダウンロード
                             

 内容(「BOOK」データベースより)
 北海道は札幌。駆け出し刑事の仲野久が勤務する警察署に、謎の手紙が届いた。「おおきな ゆきたいせきば みっつのうちのひとつに したいをうめた」雪堆積場とは、雪国特有の、排雪した雪を運び溜めておく場所のこと。しかしその手紙だけを頼りに、巨大な雪堆積場を掘り起こすわけにはいかない。捜査が進む中、久の先輩刑事の根来は、被害者とされる男の娘に不審を抱く。「あの娘には、背徳の匂いがする」そして、「変態の専門家」で超絶美少年志村春に、協力を要請するが…。悪趣味ギリギリ!? けれど読めば必ず癖になる、面白さ間違いなしの最強エンタメミステリ!!






 今作が間奏曲なら、前作は前奏曲だったのでしょうか。前作同様、変態の専門家扱った割には、あっさりしてます。薄味です。コッテリ味噌バタラーメンかと思って食べたら、なんか素材も違うような……


 今作もクラーク博士と関わった道民の話引用されてました。意味が解からなかった(変態クラブを立ち上げたお方ってこと?)私は、 これって ラノベと認識すべきなんでしょうか? 挿絵ありましたっけ? 挿絵あった『ストレイヤーズ・クロニクル』の方こそ、ラノベと認識すべきなんでしょうか? 私には、こっちの方が濃く感じられました。


 「本を愛しすぎた男」の時も感じました。
超絶美少年』とか『最強エンタメミステリ!!』とかの謳い文句? 大げさ過ぎてついていけません。
千年に一人、二千年に一人の美少女!!! みたいな。
 そうは言ってもやっぱり気になるから、見ちゃう。次作出たら読んじゃうんだろうな。


 ↓ 以下、ネタバレあり。





     根来先輩が「あの娘には、背徳の匂いがする」と志村家と同じ匂いを感じた被害者の娘(ナナちゃんだっけ?)と春のやりとりを、観たかったですね。そりゃ肉体のやりとりを表現すると、この作品違うカテゴリに入っちゃうんでしょうから。そこんところ言葉で、変態専門家の春が変態ナナちゃんを陥落? 味方に引き入れるところを観たかったです。ここ、変態クラブの元締めとの対決より、見せ場だったと思います。
     

     中学生の頃からお金目的じゃなく反抗のせいじゃなく、エンコ―していたナナちゃん。立派な淫乱さんと認識してイイんでしょうか?
    賢いんですよね。自分と同じ匂いのする人間を感じ取り、スカウトしてコントロールし、高校生の分際で売春組織作って仕切るなんて、末は博士か大臣に成るんじゃないでしょうか。


     被害者はプレイ中に死んだ訳じゃないのに(バイト学生が目撃した時は生きてたんですよね?)、何故遺体の写真撮ったの? プレイ中の写真なら最初から撮っているだろうに。わざわざ女王様カメラ目線で撮らせる必要があったの? 遺体だって気づくか? って春の力量試す為? 
     同じ変態仲間のナナちゃん、パパの死を知らされて火葬してちゃんと埋葬してあげたんでしょ。ここのところが解かりませんでした。それなのに何故、警察に手紙送ったのか。お父さんが行方不明なのに、何であんなに家族落ち着いているのでしょう? ナナちゃん、ママとお兄ちゃん達にちゃあんと説明してあげたの?


     秘密クラブの対処の仕方も解かりませんでした。手紙はナナちゃんが単独でしたんでしょう? 被害者行方不明にしたら見せしめにならないし。殺したとしたら、何の意味があったんだろうって。ハードなプレイが原因で死んだとしたら、何故普通の事故に見せかけて死体発見させなかったんだろうって。プレイ後の怪我とかのアフターサービスにも万全のクラブなのに。この辺が私の読解力不足なのか解かりませんでした。
     

     人間はエラーを起こす。大学に逃げ込んだ学生が、教授のアドバイスによりお姉ちゃんに助けを求めに行ったことで、元締めの予測は狂った。あれね、学生がお姉ちゃんに恋して入り込んだと思い、刑事二人とも学生を送って、肝心のお姉ちゃん一人にしておいたの不用心過ぎません? 元締めのフェイクかもしれないから、どっちか一人残るべきでしょう。


     変態クラブの元締めと対峙する時、お母さん、お姉さん、ナナちゃん、真夜中にわざわざビルの梯子(新米刑事の久ちゃんでもたじろぐような)登らせて登場させたんですよね? このゲームも僕が勝ったよ、って誇示する為だけに。変態クラブの元締めが本気になったら、春達拘束するの簡単ですよね。24時間監視護衛出来る訳じゃないから。お母さん人気あるし、お姉ちゃん達美人だし、春にいたっては超絶美少年なんだから、24時間ボディガードしてくれる人間居たってイイよね。
     


     現実に、雪堆積場に死体埋めたよ、って手紙送りつけられたら警察動くんでしょうか? マスコミにも送り付けられたら? 悪戯かもしれないのにそんな莫大な費用かけるなんてもったいない! 
    雪解けまで待てばイイって、札幌市民応えるでしょうか? 
     では被害者が有名人だと解かったら? 家族が涙の訴えで捜索願ったら? 家族が金持ちなら、自費でやってくれって言われちゃうか。
    やっぱり遺体って言うのが緊迫感無いよね。シェルターみたいな頑丈なケースに、幼気な少女閉じ込めてるよ。早く見つけてあげないと死んじゃうよ、って言うならみんな必死こいて三つの大きな雪堆積場掘り起こすか。

     


     北海道、雪と言えば、深夜ドラマ『不便な便利屋』も明日で最終回。






    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。

    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 札幌アンダーソング 間奏曲 小路幸也 志村春 アイマスク 超絶美少年 雪堆積所 変態専門家

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。