スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『女吸血鬼カーミラ』レ・ファニュ:読書感想

amazon様から画像もお借りしてます。
ダウンロード

              【あらすじ】
  少女ローラはオーストリアで、父と人里離れた城でしずかに暮らしている。ある日、突然暴走した馬車が城の前にやってきて横転し、中から気絶した美しい少女が運び出される。少女の母は、急ぎの旅の途中だからと、ローラを父に託し、自分たちの素性を探らないよう念を押して去ってゆく。
 その日から少女と共に生活するようになったローラは少女に夢中になるが、いくつかの不思議な点があった。寝る時は部屋に鍵をかけ、部屋に他人が居ることを拒絶する。素性は家柄が良いことと名をカーミラということしか明かさない。たびたびローラを愛撫しながら愛を語るが、そのことばは生死に関わる謎めいた内容。起きてくるのは毎日正午過ぎで、食事はチョコレート1杯だけ。賛美歌に異常な嫌悪感を表す。
 やがて、城周辺の村で異変が起きるようになる。何人かの女性が相次ぎ死亡し、熱病の流行が噂される。そして、いつしか、ローラ自身も体調の不良を訴えるようになる…

 美しきヴァンパイアに魅入られた美しき乙女
 恐怖と陶酔に満ちた吸血鬼小説の傑作にして百合小説の古典、待望の完全版新訳! 長井那智子





 ↓ 以下、ネタバレあり。




     吸血鬼本の原点なのでしょうか。
    そのせいかお話は至ってシンプル、物足りない位です。

    p157
     吸血鬼が特定の人に執着していく過程は、恋心によく似ているとのことでした。いったんその人と思ったら、たとえどんなしがらみがあろうと、執念深くあの手この手で追いかけ、思いを果たして犠牲者の命を吸い取るまで、決して手を休めません。命を奪う楽しみをゆっくりと味わうために、上手に相手にいいくるめて長引かせることがありますが、そのやり方は巧妙で、変に同情したりあなたの味方だといったりして安心させるようです。でも多くの場合はそんな回り道をしないで、いきなり襲いかかって絞め殺し、吸いつくしてしまうのだということでした。




     カーミラはいったいローラを何処で見初めたのでしょう。六歳の時、散歩している時でも? 単なる餌でしかない人間と、同じ時を過ごす人間と分けているのでしょう。カーミラの好みは美少女限定なのでしょうか?

     これも一種の密室殺人でしょう。室内には鍵が掛けられ、窓も閉まった状態なのに、出たり入ったり自由自在。お父様や神父様が隠れていた化粧室にソファが置かれているなんて、この時代何て広いんでしょう。


     『ガラスの仮面』で、主人公マヤの宿命のライバル姫川あゆみが、マヤを陥れた新人女優と同じ舞台に立つ為に、初めて映画監督のパパのコネをつかってまで手に入れた役が、吸血鬼カーミラでしたね。

    yjimage (1)yjimage_201504252115208a3.jpgyjimage (2)yjimage (4)

     讃美歌十字架は苦手ですが、カーミラ吸血鬼、有名な吸血鬼よりも弱点少ないです。昼過ぎには起きられる。日が暮れる前からお外にも出れるようです。脈もあります。鏡に映らず、ニンニクが苦手とか無いです。姫川あゆみが演じたカーミラでとても印象的だったシーン、薔薇の花を手に取ると枯れると言った描写もありませんでした。そして、夜になる前から力が、とても強くすばっしこい。


     吸血鬼退治ってほんと面倒です。まず、大変なのは寝床の柩を見つけること。カーミラの柩は、血で満たされていました。寝ているところを心臓に杭を打って、頭をちょん切って、なおかつ火を着けて灰になるまで燃やさなくてはいけないなんて。寝ているところ、お日様に当てたら溶けてしまう、だったら精神的にも負担にならないんでしょうけどね。


     カーミラの母、青白い顔の従者も吸血鬼なのでしょうか。単なる心酔者? カーミラの母は、実の母親じゃないですよね。年齢的に人からそう見えるって、だけで。気になるのは、馬車が倒れた時に乗っていた、ローラ達を嘲笑していたように見えた女性。


     カーミラは19のローラと変わりなく観える位、若いようですが、亡くなった時は既に伯爵夫人だったようです。それで不倫していたってことですか? 恋人は、吸血鬼を狩る方法は知っていましたが、吸血鬼は殺されると地獄に堕ちるから、とカーミラの墓を隠してしまいました。その情けが、恋人の孫が退治するまで、百年間も犠牲者を増やし続けていたようです。



     このカーミラが生きていた時のロマンスと、母、従者達との馴れ初め、謎の女性の正体絡めれば、もう一つお話出来たでしょう。




    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。
    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 女吸血鬼カーミラ レ・ファニュ 長井那智子 百合 ローラ

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。