スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『灰色の手袋』仁木悦子:読書感想

ミステリーアンソロジー『THE 名探偵』より。
(ジョイ・ノベルス) 単行本(ソフトカバー) 2014/8/28有楽出版社

ダウンロードimages.png

内容紹介
 明智小五郎、神津恭介、中村雅楽……ミステリー界の巨匠たちが生み出した名探偵がこの1冊に集結! 探偵小説の魅力が満載の短編集です。
 カバーイラストは、アニメーター・イラストレーターとして若いファンに絶大な人気を誇る田中達之氏。彼の独特な世界観が時代を超えた物語の面白さを存分に引き立ててくれます。

【収録作品】
■江戸川乱歩「心理試験」
■角田喜久雄「五人の子ども」
■高木彬光「性痴」
■福永武彦「温室事件」
仁木悦子灰色の手袋
■戸板康二「團十郎切腹事件」

仁木悦子灰色の手袋
 理学部植物学科の大学生でノッポの兄・仁木雄太郎と、ちょっと体重オーバー気味の妹・悦子のコンビが、ミステリーの新しい時代にふさわしいさわやかな活躍を見せる。



 ↓ 以下、ネタバレあり。




    images (5)images (7)

     馴染の店のガラス割れていたからって、警察に通報せずに中に入る悦子、無謀過ぎ。遺体発見した時に、帰って来た若妻に悲鳴挙げられる、って言うパターンにはまるところだったじゃない。


     この時代のクリーニングは、ビニール被せられハンガーに吊るされていなかったのか。店に脱ぎ捨ててあったコートと、クリーニング仕上がったコート間違えるなんて、遺体観た後でよっぽど動揺していたんだね。

     それに対して、犯人の冷静で大胆なこと。予期せぬ電気屋の出現に、手袋に血が付いて無かったとさえ判るガラス越しに、咄嗟に偽装して応対し、殺人計画を中断しなかったんだもの。例え半分でもお金入るんだから、安全を思えば殺害しなくても良かったのに。


     店の主人だって警察に本当のことは言えなかったから、店の主人に疑われても追及されなかったろうに。お金の隠し場所に困っただろうに。直ぐ金回り良くなると疑われるから、しばらく寝かせておかなきゃいけなかったでしょう。店には何食わぬ顔で、住み込み続けたかったようだし。


      濡れ衣を着せられそうになった亮さんは、自分を庇ってくれる兄弟が居て良かった。民ちゃんが好きになった方が、殺人者じゃなくて良かった。亮さんは、民ちゃんの想い受け入れるのだろうか。この二人これからどうするんだろう? このままこの店に居残る?
    犯人から金のありか聞き出した警察、まず不払いの給金を二人に支払うよう、取り計らってあげれば良いのに。



    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。
    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 仁木悦子 灰色の手袋 山前譲 クリーニング店 洗濯機

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。