スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『隻眼の少女』麻耶 雄嵩:読書感想

2013/3/8文春文庫767円      Kindle版761円
amazon様から画像もお借りしてます。
ダウンロードダウンロード (2)

日本推理作家協会賞本格ミステリ大賞ダブル受賞 
      内容(「BOOK」データベースより)
 山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。日本推理作家協会賞本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。




 ↓ 以下、ネタバレあり。







    yjimage_20150330214014cef.jpgimages (2)images_20150330214638679.jpg

     これって本格推理小説の決まり事としては、タブーなんじゃないの? 推理そのものがアンフェアじゃなければOKか。やらかしちゃった探偵たまにあったけど、シリーズ最後に。

     それをデヴュー作からいきなりやっちゃう? 直ぐ代替わりしたから、問題ないんだけど。隻眼で無いみかげも、これから御陵みかげとして探偵してくんだよね。先代から、信用出来ない! って、すっごいハンディ負わせられたよね。まず、身体検査される羽目になるかも。シリーズじゃなく、単発もの?

     
     首を切られた春菜を観てから、新品のと思える綺麗なワンピースとガウンを着ていましたが、あれは普段着ですか? って、みさぎが刑事に尋ねるシーンが、突っ込みどころだったのか。遺体は当然血塗れだったよね。何で新品のように綺麗だと判るの? 

     そう言えば、水干って犯行には不便じゃない? 血とか土とか埃色んな物、知らないうちに付けていそう。凶器、太腿に隠していたらしいけど、父と同室でしょ。お風呂入りに行く時とか気づかれなかったの? オコジョの蔵臼を調教してる姿も観られなかったの? 


     左眼翡翠のみかげの告白は全部本心だったのか。
    本気で静馬を殺す気あったのか。
    「あの時、私は静馬に夢中だったから、気づかなかったんだけど」
     利用する為に、静馬一人に注意を向けていたから、と言う意味か。
     これからの父娘を思いやって、わざと口を滑らせたのか?



    yjimage (4)yjimage (9)yjimage (1)image_20150330214635cdd.jpg

     
     ネットで後味の悪いお話で載ってたような気がしたので、ずっと、みかげが静馬を犯人に仕立て上げちゃうんじゃないかと心配しながら読んでいました。真犯人は付きとめたけど、名家の身内で取引しちゃって、父殺しで死に場所を求めに来た余所者の静馬に、ちょうど良いと罪を被せちゃうとかね。私立探偵がフェアだとは限らないし。


     父娘に対して残酷な犯行、琴折家の人々にとってはとんだと巻き添え、とばっちり。この中で一番狂信者だったのは、スガル信心者じゃなく、隻眼の探偵を愛し職まで捨てた男だったとは。奥さん失くしてから、どうやって生活してきたんだろう。娘の目抉って、どう言う風に周囲に言い訳してたんだろう。


     母の力を半分受け継ぎ、父の力をすべて受け継ぐと強い、それがスガルになる、って理屈がよく解かりませんでした。一卵性って偶数なの? 三つ子って、二対二か二対一なの? 初めて知りました。

    yjimage (10)yjimage (5)yjimage (6)images (1)


     『隻眼の少女』の考察、観たら、岩倉との空白の二時間の後、みかげ着替えて居て整えられた黒髪もつややかになっていた。静馬が身を投じた宮崎で一週間後に、正体不明の若い男性の遺体が発見されたとか。岩倉は大学に戻って二年、実家に戻って四年、それから行方不明になっている。
     三代目の父親だから? 犯行の決定的な場面を目撃したから殺されたのか?


    p114
     「正直なお答えをありがとうございます。ただあなたは露悪趣味の気があるようですが……」
    「自分ではそのつもりは毛頭ないですが、歳の割にひねくれてるとは昔から云われてましたね。まあ、あまり恵まれた家庭環境じゃなかったせいもあるんでしょう」
    「そうなんですか?」
    「訊かれても答えませんよ」岩倉は苦笑しながら、「他人に話す気はないし、自分で思い出す気もありません。私のモットーは、過去の記憶が喜びを与えるときにのみ、過去について考えよ、ですから」
    「オースティンですか」



     それにしても、琴折家の人達、二代目みかげにも三代目みかげにも甘く御人好し過ぎる。
    18年前の事件、よく父親殺すの三人目の秋菜まで待ったものだ。二人目の夏菜が殺された時点で、みかげ親子と静馬、琴折家から叩き出されて居ても当然なのに。


    ↓ よろしければポチッと押してやって下さいまし。
    にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ

    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 読書感想文
    ジャンル : 小説・文学

    tag : 隻眼の少女 麻耶雄嵩 御陵みかげ 日本推理作家協会賞 本格ミステリ大賞 水干 スガル 琴折家

    コメント

    Secret

    プロフィール

    唯

    Author:唯
     読書感想が主です。探偵が登場する本格ミステリー好き。
    と言っても、難しいことは解らないのでトリックにはさほど関心無く、登場人物のやりとりを見るのが好きなだけです。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    フリーエリア
    ↓よろしければポチッと押してやって下さいまし。 にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。